4年生

オランダに戻って約3週間が経ちました。

新学期の始まりはいつもシステムの不具合などで

プランニングに顔を出すことが多いのですが、

今年は例年になく問題続出でした!

学生証は発行されない、

学生ページが存在しない、

プロジェクトのチームから外されている、

企画のメーリングリストに入れられていない...などなど。

私もう卒業したんだっけ?なんて錯覚を起こすような

ハプニング満載でのスタートでした。

授業数はぐんと減りましたが、今年もいろいろなプロジェクトがあり

なんだか楽しくなりそうです!

4年生になって友人と会うたびに話題に出るのが卒業後について。

オランダに残りたいと話していた友人が帰国を決意したり、

ホームシックで悩んでいた同期が知らない間にこちらで同棲をしていたり(!)、

3年も経つと周りの環境も、目指すものも、考えも変わってきます。

私はというと、何も決めていません。

今まで戸惑うことはあっても立ち止まることなく

猪突猛進できてしまったので

予定が未定なことに焦りが出て

情けないくらいに弱い自分に直面する毎日です。

そんな中、先日4年ぶりに先生のご自宅でレッスンがありました。

初めて先生宅にお伺いしたのは高校2年の春休み。

駅から15分で着くはずなのに、英語が全く聞き取れず

下見の際には何時間もかけて行ったのが良い思い出です。

レッスンは本当に楽しくて、先生が紡ぎだす音があまりにも美しく、

ピアニストではなく魔法使いなのでは...?と思ってしまう程でした。

blog2_edited.JPG

(先生のご自宅があるアムステルダムの運河沿い)

あれから4年経って、

行き方もばっちり、先生の住所も暗記。

とてつもなく広いという印象だったピアノの部屋も案外こじんまりとしていて、

あの時理解できなかったもの、感じなかったもの、見えなかったものが

少しみえたような気がしたレッスンでした。

(秋休みはたっぷり練習に時間が割けるね?と先生から念を押されましたが。。)

怖いという感情には

『知っている』から怖いのと

『知らない』から怖いという2種類があるらしいですが

知らないなら、知ればいいだけの事なんですよね。

自分自身ではなかなか変化や成長なんてわからなくて

むしろ育っていない部分にばかり目がいって尻込みしてしまうのですが、

高校2年の私が飛び込んだおかげで今の環境があるなら

余計なことは考えずに突っ走った方が次のステップが見えてくるのかもしれません。

なんだか自分に言い聞かせるような内容になってしまいましたが、

今週末から秋休み!未定な将来に一つでも予定が立ちますように!

P.S.

夏のリサイタルの一部をyoutubeにアップしました。こちらからご覧になれます

お時間があるときに聴いて頂けると嬉しいです!

今後の勉強にもなりますので、

ご意見やご感想などもお寄せいただけるともっと嬉しいです!

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。